ブランド服を処分する前に

ブランド服は売れる!

押入れやクローゼットの中に、思わぬブランド服が眠っていることがあります。すでに流行遅れだったり、サイズが小さかったりした場合、そのまま捨ててしまう方も多いと思いますが、すぐに捨てない方が良いでしょう。
なぜなら、ブランド服は普通の古着と異なり、物によっては非常に高値で取引される場合があるからです。自分では大したことがない服だと思っていても、日ごろブランドものを取り扱っているプロの目にかかれば、びっくりするような値段が付くこともあるのです。流行は関係ありません。
ですので、ブランド服だと気が付いた時点で、捨てずに取っておくようにしましょう。それから信頼出来る買取業者を探す作業に入ると良いかもしれませんね。

状態をチェックしよう!

いざブランド服を売りに行こうと思ったら、まずは服の状態をチェックしてみると良いでしょう。シミが出来ていたり、虫食いだらけになっていたり、ほつれがひどくなっている場合もあるからです。自分で直すことが出来る箇所については、繕ったり洗濯しておいたりすると良いかもしれませんね。保存状態によっても値段が変動しますので、出来るだけ高く売るために、事前チェックは怠らない方が良い結果を生むでしょう。
また、服の近くにブランドのショッピングバッグやケースなどがある場合は、それもいっしょに持っていった方が良いでしょう。確かにそのブランドの服だという証明にもなりますし、服をきちんと保存している人だと信頼されるからです。